IMGENTER PAGE
spコンセプトマテリアルプロダクツ
アーミーエアフォース
USエアフォース
ネイビー、マリンコープス
USアーミー
ウィリアムギブソンコレクション
ワーククロージング
スポーツウェア
シューズ&アクセサリー
アフターケア
ショップリスト
MA-1 img 探求心と情熱をもって
数々の傑作衣料の中でも、さらにその最高レベルに位置するのが"FLIGHT JACKET"であることに異論はないでしょう。飛行士の命を守るため、国の威信をかけ、莫大な開発費用と計り知れない数々の実験、そして膨大な労働力をもって究極のユニフォームは開発されました。時代の最先端素材と縫製技術、細部に至る知恵と工夫。飛行士達を夢中にした見栄えの良さ。このような"FLYING CLOTHING"の先進性と合理性は、現在においても民間衣料に多大な影響を与えています。
時は1993年、"FLIGHT JACKET"の歴史と誇りを追求する最強のブランドが誕生しました。"BUZZ RICKSON'S"。その復刻作業は、スペック、素材、フォルム、パーツに至るまで徹底的にこだわり、一着一着にクラフトマンシップを込め、本物だけが持つ魅力に肉迫します。映画「戦う翼」の劇中でスティーブ・マックィーンが演じる役名に由来する“BUZZ RICKSON'S”は1993年、大空に向けて飛び立ちました。
We appreciate being recognized at the highest level of flight jacket manufacturers, even though there are numerous high quality items available. It was a thing of pride for the country to make flight jackets which protected the lives of aviators and was done at enormous cost, unfathomable number of experiments and required a huge labor force. Knowledge, state of the art materials and sewing technologies of the times were combined to achieve this detail. The aviators were absorbed in the good quality of their wears. This advance level and the thought process put into the flying jacket had a great effect on the private clothing companies. The Buzz Rickson's brand was born in 1993 with the historical pursuit of the flight jacket as our driving force. We adhere strictly to the specifications, materials, and the craftsmanship to recreate the original charm of each garment. The brand name Buzz Rickson's came from the lead character played by Steve McQueen in the movie "The War Lover."
徹底的な素材分析がBUZZのブランドポリシー
BUZZ RICKSON'Sはフライトジャケットの真のレプリカを作ることを目指しています。そのため、現存するヴィンテージを徹底的に分析・研究しているのです。中でも素材、特に織布系素材の復元には力を入れています。まず当時の素材を、繊維構造や紡織方法に至るまで時間をかけて解明することから始めています。例えばナイロンであれば、赤外線を当てたときの変化を見る「赤外線分光分析」や、どのくらいの温度で溶けるかを見る「融点測定」などを行うことで、それが、何種類も存在するナイロンのうちのどれに当たるかを特定するわけです。こうして素材を特定できても、特に特殊な素材の場合、すでに生産されておらず、手に入らないことがわかり、そこで、その素材を自分たちで作ろうと試みたのです。ところが今度は、現在使われている紡織機では構造上作れないことが判明しました。そのため、古い紡織機を探し出し、壊れていたり調子が悪かったりする部分を分解・修理して、ようやく、思うような素材を織れるまでになったのです。
BRAND POLICY FOR BUZZ RICKSON'S MATERIAL ANALYSIS
Buzz Rickson's strives to make true replicas of flight jackets. We carefully research and analyze existing vintage flight jackets. We then make every effort to duplicate the material paying close attention to the woven fabric techniques. Firstly, we clarify the exact time the material was made by examining the structure of the fiber, weaving method and spinning technology. For instance, in the case of nylon, we examine the existing nylons to confirm the melting point and conduct an infrared ray spectrum analysis to determine the change in infrared rays and temperature. If we are not already producing the unique material and have no way to obtain such a sample, we will make the material ourselves based on known specifications. However, there have been times when we haven't been able to make the construction with the spinning and weaving machines available now. In those cases, we were forced to find old broken spinning and weaving machines and repair them to achieve our results.
ナイロンの染色方法も現代の手法と違っており、現在は反応染料(薬品)を使い、化学変化によって染色するのが一般的です。これでは色落ちや色褪せが少ない代わりに色に深みが出ません。当時のMA-1 等の生地の色は独特の深みがあり、分析の結果、直接染料を使っていることが判明しました。時にセージグリーンは3色以上の大きさの異なる色の分子が繊維の奥に入り込み、この微妙な差が独特の深みを出していました。バズリクソンズは、この染色方法により深みのある色を再現することに成功し、実物と同じ退色変化を味わうことを実現しました。
Dyeing with reactive dyes to make the chemical change is different from the methods used today. With the method we use, the depth of color fades little by little, rather than changing rapidly. The color of our MA-1 cloth matches the unique depth original color. At the time, each molecule had more than three colors in each fiber which produced the special depth of the sage green. Buzz Rickson's has achieved the ability to reproduce the color and depth of color through our dyeing methods and even some fading can be observed.
ナイロン素材の調査は、赤外線による変化をしらべる赤外分光分析(右)と、どのくらいの温度でナイロンが溶けるかを調べる融点測定(左)が行われました。例えばナイロン6は摂氏215°で溶け、ナイロン66は摂氏225°で溶ける特性があるので、この融点測定にかけたサンプルだけが253.7°で溶けたことから、ナイロン66であることがわかります。
In our research of the nylon material, we measured the melting point (left) and examined the change inflicted by the infrared rays (right). An example of our findings is nylon 6 melts at 215°C and nylon 66 melts at 225°C. From this, we understood that it had to be nylon 66 because our sample had a melting point of 253.7°C.
実物のフライトジャケットに使われているナイロン糸の断面写真。左がエアフォース・ブルーのナイロン糸で、右がセージグリーンのもの。1本の糸が、何本ものフィラメント糸で構成されているのかが判ります。
This section photograph shows real nylon thread from a flight jacket. The left is an Air Force blue nylon string and the right is a sage green. We can easily identify the composition by examining how many filaments of string are used.
当ウェブサイトに使用されている写真及び文章の無断転載を禁止します。商品の仕様・デザインなどは予告なく変更する場合があります。また、掲載されている商品写真のカラー等につきましては、実物のものと多少異なる場合があります。予めご了承ください。
NOTES: Specifications, designs, etc… of each garment are subject to change without notice. Due to reproduction restrictions, there might be slight differences between the color of the photographed item and the actual garment. There are no direct sales from this website.
ENTER PAGE
TOP
CONCEPT ]
LEATHER TANNING | FABRICS | ZIPPER | TAB&POCKET | MARK&SNAP 
PRODUCTS ]
U.S. ARMY AIR FORCES | U.S. AIR FORCE | U.S. NAVY, USMC | U.S. ARMY | CIVILIAN MODEL | 
WILLIAM GIBSON | WORK CLOTHING |  SPORTSWEAR | SHOES | AFTER CARE | SHOP LIST
COPYRIGHT©  TOYO ENTERPRISE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.